初めましてこんにちは。

3月よりITSS事業部でお世話になっております、三浦です。
入社してはや一か月が経とうとしています、そこで今日はITSS事業部では最初の一か月どんな新人研修を行っているのか
ご紹介したいと思います。私の所属しているITSS事業部は主に、webアプリケーションの開発、運用管理等をしております。
webアプリケーションとは読んで字のごとくwebブラウザ上で利用できるアプリケーションです。
そんなwebアプリを作るのに必要不可欠なのが「HTML」「CSS」「Javascript」なのです。

まず最初に教わるのが「HTML」というものです、聞いたことがある人もいるかもしれませんね
「知らない」「聞いたことはあるが、何なのかは分からない」という方に説明させていただきます。
HTMLとは・・・と説明するよりまずは見てもらった方が早いかもしれませんので。
↓の空白をマウスを右クリックし、「ページのソースを表示」をクリックしてみてください・・・すると

目が痛くなるような大量の文字と記号の羅列が見えましたでしょうか?
そう、この文書こそがHTMLで書かれており、このブログもとい皆さんが普段何気なく見ているwebサイトの正体なのです!
こんなように書かれたファイルを「Google Chrome」や「Safari」などのwebブラウザと呼ばれるものが解析をし
表示をしたのがwebページになるというわけなんです。ざっくりというとHTMLとは
webページを作るためのファイルに書き込む文書の方式なんですね
かなり大雑把な説明になりましたが、なんとなく概要は理解できましたでしょうか。
私は入社前、職業訓練学校に通っておりそこでプログラミングの訓練を受けていたので
その存在こそは知っていましたが、あまり訓練では触れなかったのでHTMLの知識はほぼありませんでした
しかし入社後マネージャーがマンツーマンで丁寧に一から教えてくださったので知識を身に着け使えるようになりました。
HTMLを駆使すればこんなふうに色も変えられるようになります



ですよね。さらに

  • こんな
  • リストも
  • 作れたり

するようになりました、しかしご紹介したのは初歩的なほんの一部の機能です
私もまだまだ勉強中の身ですので、技術を高めクールなwebページが作れるよう精進したいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
また新人研修その2でお会いしましょう、失礼します。