お疲れ様です。
ITSS事業部の阿久津剛と申します。

昨今の世の中では、真実を見る目というものが問われていることが多くあります。
たとえば、モノの品質とその価値(単価)など

最近、食べログなどで話題のお店に行きました。
人気店だけあって、大変な盛況でした。
価格もなかなかのモノで少し奮発しましたが、周りの評価ほど美味しくはなく
もっと安くても・・・と思ったりしました。

さて、今回のお話はタイトルの通りで
だまされても、それで良い!というものについて個人的な主観を述べます。

私はギターが趣味でよく弾いています。
長年弾いていると、楽器そのものに対してのスペックなどにも
気が回るようになりました。

私の場合は主にエレキギター専門です。
アコースティックギターのように箱そのものの振動によって
音色を作るものではありません。

エレクトリックギターは弦の振動を電気信号として捕らえ
アンプ(電気信号を増幅させて音を出力する機械)から音を鳴らします。
音自体の違いは音の信号を拾うマイク(ピックアップといいます)の
性能差であるともいえます。
ピックアップは工場で仕様に基づき作業標準に則って作られます。
100万円のギターでも、1万円のギターでも同じマイクを使えば
同じ音が出ます。

ところが、多くのみなさんは
100万円の方が音が良いと思うわけです。
※弾きやすさは別です。あくまで音色の話です。

普段からIT屋さんに近いところで業務をしている身として
論理的で体系的な無駄のない仕事を探求する者としては
まったく論理的ではない話です。

でも、ここからが今回の本題です。

だ・ま・さ・れ・た・い

そう、ここはだまされてもいいんじゃないでしょうか?
私はオールドのレスポールを1本所有しています。
他のギターにはない音色があると信じています。
そうすると、とても幸せな気分になれます。

仕事や人生を幸せに過ごすヒントがこのだまされ方にあるように思います。

皆さんもあえてだまされてみるといいことがあるかもしれませんよ。

ちなみにフレットのあるギターのチューニングは理論上絶対に合いません。
必ずどこかの音のピッチ(音程)が狂います。
知ってか知らずか、だまされていることもあるんですね。
でも、心癒される美しい音色を奏でます。

では次回があれば(笑)
ギターのチューニングを論理的にお話しします。

長文お付き合いいただき、ありがとうございました。