こんにちは、ITSS事業部 林です。

とあるニュース、私にとっては衝撃的なニュースを耳にしたので紹介いたします。

最近、身の回りの物の自動化が進んできていると感じたことはございませんか。私は、運転しているときによく感じます。昔は、トンネルに入る時に車のヘッドライトをつける動作が必要でした。右手でカチカチと回して、トンネルを抜けたら戻すという作業が(よく消し忘れますが・・・)。近年は、センサーにより自動化されその心配もなくなりました。

さて、私が耳にしたニュースというのはその自動化についてです。それは、人体にマイクロチップを埋め込むということでした!!その人はよく鍵をなくすというので、手にマイクロチップの埋め込みを行って手をかざすだけで錠を開けるといったものでした。かかる費用は約15,000円、時間にして30秒ほどで終わるらしいです。人体に害はないとのことでしたが、一度つけると外すことはできないとのことでした・・・。他にも、会社で社員証として使用されていたり、電話機などの家電の起動に使われていたりしていました。

マイクロチップを埋め込むということに限らず、人体を「アップグレード」することで、今後ますます様々なこと便利になっていくことでしょう。私は、5年後10年後のシステムやソフトウェア作るために、日々コツコツと知識・技術をためているところです。