はじめまして。ITSS事業部の近藤です。
今回は皆さんが大好きな「AWS」についてお話させていただこうと思います。

目次

1.AWSでできること

そもそもAWSとは「Amazon Web Services」の略でAmazonが提供するWebサービス群を指しています。
代表的なサービスが「EC2」と言われる仮想サーバーを提供するものがあり、
仮想サーバーというとイメージがしにくいので要するにクラウド上に自分専用のPCを借りられるサービスと考えていただければよいでしょう。
自分のPCで出来ることは当然EC2でもできます。

2.AWSのメリットデメリット

AWSのメリットは初期費用の安さです。AWSはすでに出来上がったプラットフォームを借りる形になるので、まったく真っ白な状態から自力で構築するよりも素早く、しかも低コストでスタートできるのでは当然のことです。
AWSのデメリットはランニングコストの不明確さです。従量課金制なので月々の料金が予想しづらい点とメンテナンスがAWS主導なので保守の不自由さが挙げられます。

3.AWSを使うには

AWSを使うのはとても簡単です。

Step1
 ・AWSアカウントを作成する(無料ですがクレジットカード情報が必要です)
     https://aws.amazon.com/jp/register-flow/
Step2
 ・AWSにログインしてEC2インスタンスを作成する
  最安値構成にするならOS Windows Server 2012 R2以降
  インスタンスタイプは「t2.micro」
 「t2.micro」は初年度無料。2年目からは起動しっぱなしでも月額2,500円程度です。※2020年6月現在
Step3
 ・キーペアをダウンロードする
  複合してパスワードを確認します。このアドレスがリモートデスクトップで接続する際のパスワードになります。
Step4
 ・リモートデスクトップでアクセスする
  たったこれだけです。

4.AWSの運用例

私はFX(外国為替証拠金取引)の自動売買システムをAWSで稼働させています。
構成は以下の通りです。

EC2
 OS:Windows Server 2016
 memory:1GB
 インスタンスタイプ:t2.micro
 リージョン:ロンドン
 ※サーバーの場所を選ぶことが出来ます。
  FX口座のXMがロンドンにあるためトレード遅延を少なくするためロンドンに設定しています。

FX取引プラットフォーム
 MT4

FX口座
 XMトレーデング

自動売買プログラム開発言語
 MQL4

その他の設定
 オートログイン
 MT4スタートアップ登録

売買ロジック
 ドル円にてゴト日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)の東京市場仲値(9:55)円安を狙う売買システムです。

運用シミュレーションでは優位性が高いトレードを実現出来ています。
FX自動売買のような常時安定稼働が求められるようなシステムは、自宅のPCでは稼働が難しいため、このような常時安定稼働が求められるシステムでAWSが大活躍します。
これはAWSの活用のほんの一例にすぎません。様々の分野でAWSが活用されAWSの知識を持った人材が求められいます。
今回の記事で少しでもAWSにご興味を持ったなら、この機会にAWSに触れてみては如何でしょうか。