こんにちは。ITSS事業部豊田です。
春は出会いの季節、そして別れの季節…なんだか切なくなってしまいますね。
春から新しい環境、新しい職場に行かれる方も多いかと思います。
7月に東京に転勤になった私も、春からは横浜の方での勤務となります。
そして7月からお世話になっていた野口さんは、宇都宮オフィスのR&D事業部での勤務となることになりました。
今回は野口さんへの感謝の気持ちと一年半に及ぶ東京での勤務お疲れ様です!を伝える会野口さんお疲れ様会の模様を書かせていただきます。

その前に野口さんに改めて感謝のメッセージを。
昨年7月、右も左も分からない状況だった私が下につくことになり、野口さんは私以上に不安だったと思います。
たくさんのご迷惑と苦労をおかけしながらも、見捨てず面倒を見てくれた野口さんには本当に感謝しています。
本当に野口さんには学ばせていただくことが多く、下につかせていただいて勉強させていただいたこの8ヵ月はとても貴重な時間になりました。
宇都宮オフィスで羽ばたいてください!!!!
そしてマラソン、自転車、頑張ってください!!
ここだけの話ですが、野口さんは毎日の長距離電車通勤をこなしながら帰宅後3キロ走っているらしいですよ。
このエピソードだけで野口さんのストイックさが伝わってくると思います。
トライアスロンの大会も目指しているとか…凄すぎる…

さて、お疲れ様会の幹事は不肖私豊田が務めさせていただきました。
毎回悩むお店選び…今回は肉が食べたいというリクエストを受け、たくさん肉が食べられると評判だった
上野の一心たん助さんに決定しました。
こちらのお店、なかなか予約が取れないということで、私の予約もギリギリの滑り込みでした。
一時期SNSで話題になったお店のようですね。
東京はお店が多過ぎて外れも多いのでお店選びは毎回困難を極めます。
今回もう一つの候補だったのは神保町食肉センター(神保町と言いつつ場所は上野)ですが、こちらもいつか行ってみたいです。

こちらの一心たん助さんはその名の通りおいしい牛タンが食べ放題のお店です。
食べ放題のメニューは名物の仙台牛タンは勿論、和牛ロース肉など豪華な品揃え。
最初に肉盛りが提供され、そちらを食べ切ると次のオーダーができる形式です。
とりあえず肉を焼いていこう!ということで幹事の私はひたすら肉焼きbotに徹します。
とにかく肉を焼くひたすら肉を焼く…焼く!注文する!焼く!
非常に充実した肉焼き作業だったのですが…私は致命的なミスをおかしていたのです。
そう…肝心な…ブログ担当の生命線ともいうべき…

 

写 真 が な い

 

ま た か !(忘年会ブログ参照)

ということで残念ながら肉の写真はほぼないのですが、なんとか文章の雰囲気でおいしさと楽しさが伝わればいいな、と願うばかりです。
牛タンは肉厚だったしハラミは柔らかくて美味しかったし薄くスライスされたロース肉をさっと焼いておろしポン酢で食べるのもよかったですね…なんか最初に出てきたゴージャスな分厚いお肉(スペシャルお肉のためおかわり不可)もよかったですね…
そしてイケメンなお兄さんがバーナーで豪快に炙って出してくれる肉寿司…!!
肉寿司はおいしくて一人で10貫ほど食べてしまったのは秘密です。
こちらの写真は野口さんが提供してくれました!ありがとうございます!
お兄さんの爽やかな笑顔が最高ですね!

 

しかしそんなおいしいお肉の記憶が消し飛びかねない事件が和やかなお疲れ様会の終盤に起こります。
それは時庭部長が注文した激辛カレーという一見どこにでもありそうなサイドメニューでした。

激辛と言いつつも見た目は普通のカレーと変わらないのですが、一口食べると…

辛い。ひらすらに辛い。辛いというか痛い。激痛。涙が出る。嫌な汗が噴き出て喉が焼ける。なんだこれは。なんなんだこれは。

私も2X年生きてきたわけで、人間としてはペーペーではありますが、辛いものチャレンジはそれなりにしてきたわけで。
それが根本から覆される恐怖。もはやこれはカレーではない。食べ物ではない。
何より恐ろしいのが私が食べたのはたった一舐め程度の量だったということです。これは劇物です。こんなものを販売して法に触れないのか心配です。一心たん助さんは牛タンに力を入れたお店だったはずですが、このカレーだけでやばい商売ができるのでは?と思えるほどハイクオリティな辛さです。

このカレーあまりの暴力的狂気的な辛さに誰もが完食は不可能と考えていたのですが…

そこで立ち上がったのがITSS事業部一のチャラ男イケメンと名高い松浦リーダーでした。
一口、また一口とカレーを口に運ぶ姿はまさに漢としか言いようがなく、普段から松浦リーダーには心からの尊敬と敬意を抱いてきたつもりですが、その雄姿を目に焼き付けておこう、と私は辛さで機能を破壊されてしまった舌を烏龍茶で潤しながらそっと(カレーの辛さによる)涙を拭ったのでした…
しかしそのカレーの辛さは松浦リーダーの不屈の味覚をも蝕み、ついに倒れる松浦リーダー…
最早打つ手はない…カレーを目の前にして皆が絶望する中…自分のオーダーの責任は取ると、スプーンを手に取る時庭部長…!
かっかっこいい…かっこよすぎる…!!
こうして時庭部長の活躍により、激辛カレーの圧政から解き放たれたメンバーは、平穏にデザートタイムを迎えることができたのでした。

そしてこちらが店員さんに撮影していただいた記念写真です!

野口さんの表情がとてもいいですね!!

野口さんには本当にお世話になったので、幹事をやらせてもらえてよかったです。
プレゼントのラッピングも私が担当させていただきました。縁起がいいように金ぴかにさせていただきました。
服部さんも参加いただき本当にありがとうございました!

少し遠い場所からですが、野口さんのご健康とますますのご活躍をお祈りしています。
野口さんの弟子として、私も教えていただいたことを活かして少しでも成長していけたらと思っています。
野口さん、本当にありがとうございました!
宇都宮に帰られたらブログを始められるとのことですので、野口さんのブログを楽しみにしています!