こんにちは。ITSS事業部の豊田です。
雨は夜更け過ぎに雪に変わりかねない冷え込み!サイレンナーーーーーイ!!
ちなみにデンジャーシティYOKOHAMAは毎日サイレンナイト(パトカーのサイレン的な意味で)ですね。
クリスマス直前の三連休、皆さんはどう過ごされましたか?
素敵なクリスマスイブやらイブイブやらイブイブイブやらをお過ごしになった方も
クリぼっちをエンジョイした方もみんなそれぞれハッピーメリークリスマス!!

ところでクリスマスといえば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

クリスマス

サンタクロース

そうクリスマスカラーといえば赤色!
赤色といえば?

そう、辛いものですね!!!!

図らずも今週末は大寒波が列島を襲うそうです!
独り身で寒さに震えているこのブログを読んでいる貴方or貴女も、誰かに温めてもらうんじゃない、自らホットになるんだ!!

~これまでのあらすじ~
ITSS事業部一部メンバー内で流行して(?)いた辛いものチャレンジに挑戦するうち
大して辛いものが得意ではないのに気づくと辛いものを求めるようになっていた豊田だったが横浜には色んな辛いものがあるようで…!?

ということで今回は横浜で出会った辛いものについて書いて行こうと思います。
辛さを五段階評価にしましたが個人の感想なので全くあてになりません!

鶴一家
地獄ラーメン
辛さレベル★★★☆☆

辛さが四段階選べる地獄ラーメンが食べられます。
こちらのお店は以前後輩O君と一緒に行ったのですが、
日和って中辛を頼んだにも関わらず翌日腹痛になるという失態をおかしたので
以降後輩O君は辛いものを食べることは禁止とし、代わりに後日松浦リーダーに上長として責任を取ってもらうことになりました。
部下の失態は自分の失敗……どんな辛いラーメンでも食べてやると言う松浦リーダーはまさにリーダーの鏡であり漢そのものです。
※皆さんも辛いものを食べる際は翌日の予定、胃の調子などとよく相談しながら用法容量を守って楽しく食べましょう!
ちなみに私は中辛の方は美味しく食べることができました。

リベンジを果たすべく再訪した際に私と松浦リーダーが注文した地獄ラーメンスペシャル(大辛)

注目すべきはスープの粘度です。中辛に比べてスープにかなり粘度があります。
おそらくスープに溶かされている唐辛子の量に結構な差があるのでは…と予想します。
家系ラーメンおなじみの海苔の上に乗っているのは真っ赤な唐辛子の粉末。
これをどのタイミングで溶かすかが勝負を決める重要な要素(ファクター)となります。
麺を一口啜ると唐辛子の粒子が喉を襲い激しくむせます。非常に危険です。
私があまりにむせているので店員さんも苦笑い。
そしてスープは中辛とは比べ物にならない辛さ…
うっかりスープが唇と接触するとめちゃくちゃに痛いです。
唇をお冷の氷で冷やしながらなんとか食べ進めます。
食べている最中から燃えるように胃が熱くなり、翌日の胃腸コンディションへの不安が募ります。
端休めのために増量したほうれん草が逆に唐辛子を吸い込んで口の中を痛めつけてくる誤算に苦しみつつ、
なんとかほぼ食べきることができました。
ちなみに松浦リーダーは海苔の上の大量の唐辛子もしっかりスープにinした上で
滝汗をかきながらも余裕の完食。か、かっこいい…
こちらの鶴一屋さんは24時間営業なので辛いものをキメたい時にいつでも訪れることができて便利です。
勿論通常メニューの家系ラーメンも美味しいです。おすすめトッピングはキャベツです。

ちなみに横浜には地獄ラーメン中田というストレートに地獄感を出してくるラーメン屋さんもあり
そちらもかなりの辛さをエンジョイできるらしいので是非食べてみたいと思っています。

蛙の介
激辛焼きそば
辛さレベル★★★☆☆

こちらはメカの猪瀬さんのブログにも登場した野毛の入り口付近にある人気居酒屋なのですが、
ここにも実は激辛メニューがあります。
こちらの人気メニューである焼きそばを激辛にできるというもので、辛さは四段階あり、
激辛①、激辛②、激辛③、そして『即死』……なんとも恐ろしい名称です。
激辛を求めるならもちろん即死一択!
店員の大変お美しいお姉さんに即死で!とほがらかに注文すると、途端にお姉さんの表情が曇ります。
「即死は本当に辛いんですが大丈夫ですか…?」
なんでも調理スタッフの方も作りながら目の痛みに苦しむという代物で、食べきれない方も多いとか。
しかしここで引くわけにはいかないのでお姉さんの忠告に痛み入りながらも即死に挑戦します。
運ばれてきた焼きそばは焼きそばらしからぬ不穏な色合い…何だかナポリタンに近いような…
即死やきそばにテンションが上がりすぎて写真撮影は忘れました。

イメージ図で代用

一口食べてみるとあれ、美味しい……と思った瞬間口が痛い!
辛いというより痛い系!上手く言えませんが焼きそばではありますが洋風な辛さを感じます。
即死の名に恥じない辛さの上に、お好みで世界一辛い唐辛子のパウダーを好きなだけかけることができます。手厚い福利厚生!

華隆餐館
陳麻婆刀削麺
辛さレベル★★★★☆

こちらは横浜の情報サイトはまれぽの激辛特集に載っていて気になっていた四川料理のお店です。
おすすめは刀削麺!刀削麺は大好物なのでこれは是非食べなければいけない…と使命感に駆られ チャレンジ。
頼んだのは陳麻婆刀削麺です。
激辛のマーボー豆腐と混ぜて食べる汁無しタイプの刀削麺で、元からかなりの激辛らしいですが
さらに辛さをプラスすることができます。
私は辛さ一回追加にしてみたのですが…のちにこれを後悔することになります。
運ばれてきた陳麻婆刀削麺は見るからに辛そうなオーラを放っています。

厨房の料理人の方も調理をしながらむせていたことを思い出し不安が募ります。
一口食べると美味しい…とても美味しい…しかし辛い!!体験したことがないタイプの辛さです。
なんというか目が覚める…脳が覚醒する辛さ。辛さが脳に直接語りかけてくる…
食べるのが恐ろしく苦痛でありながらとても美味しいという不思議…味覚がバグを起こします。
唐辛子も大活躍してますがとにかく山椒が大暴れしている…大怪獣空中戦ガメラVSギャオス状態。
正直これはかなりのハイレベルです。

ちなみに通常の麻婆豆腐も辛さを選ぶことができます。
これは一番辛い激辛。

こちらもめちゃくちゃに辛いですが辛さプラスの陳麻婆刀削麺に比べればまだ何とか食べることができます。そしてめちゃくちゃ美味しいです。

こちらには地獄海鮮刀削麺なる激辛メニューもあります。こちらも食べてみたいです。
その他も本格的な辛さの四川料理が充実しているので連日大盛況の人気店です。

番外編

J’sStore 
辛さレベル★★☆☆☆

本格的なタイ料理屋さんです。
このお店の凄いところは美味しい上に24時間営業なところ。
オーダーの際に辛さをリクエストできるので辛いものチャレンジも可能。
たくさんメニューがあって迷ってしまいますがおすすめの辛い料理を辛さマックスで出してもらいます。

鶏肉のハーブ和え

ハーブも唐辛子も効きまくりでめちゃくちゃ美味しい!
辛さをさらに追加したい方は卓上の唐辛子(めちゃくちゃ辛い)を追加しましょう。

辛くないメニューも最高に美味しいです。

24時間営業のお店ではありますが立地がハマのゴッサムシティ的なところなので
深夜に行くのは危険かも…いやハマはどこも割りとゴッサムシティなんですが…

やはり寒い時はHOTな食べ物に限る!!
辛いものを食べて寒さを乗り切っていきましょう!

引き続き弊社辛いものを食べる部(非公認)(部員未定)は決して強くはない胃を抱えながら
辛いものに果敢にチャレンジしていこうと思います。

最後に心温まる写真を。

クリスマスソングをデュエットするITSS事業部部長と松浦リーダーです。