出川のあの衝撃的な結婚から、かなり時間が経ちました。

つい先日、山ちゃんが衝撃的な結婚!

そして、昨日、岡村さんが一般女性と結婚しました!

スゲー!!!

おもでとうございます!!!

早くケンコバ結婚しろよ~!

 

メカニカルデザイン事業部の猪瀬と申します。お世話になっております。

 

密かに映画が好きです。

琴線に触れそうな映画を見ては、当たりだと嬉しく感じます。

以前、有名映画コメンテーターのA氏のライブに行ったときに「コレおすすめ!最高のお正月映画!」と言われ、

じゃあ見てみようかと思った映画は微妙でした。。。

(漫画原作の実写映画でしたが、内容が改変されまくっていて、微妙でした。そう感じたの僕だけ?)

 

このA氏は最近YouTubeチャンネルを初めたらしくて、さっそく登録。

軽快なトークとウンチクの豊富さに惚れ惚れしてしまいます。

で、A氏の2019年の個人的な映画ランキングTOP10という動画があったので見てみました。

すると、、、このランキングかなりバランスがいいのです。

アベンジャーズとか、ホラー映画とか、ドキュメンタリー映画とか、アニメ映画とかが、かなりバランスが良く散らばっています。

おっ・・・?やってんな?

 

「それじゃあ、今から第2位を発表します!第2位は、ジョーカーです!」

おっおっ?

「第1位はアベンジャーズでーす!」

これは・・・ひよったな。。。

ひよったと思いました。。。

彼はホラー系の映画とかB級作品のマニアでもあります。

日差しの強いアベンジャーズを1位に。

対極のジョーカーを2位にもってきました。

彼の心中はぶっちぎり1位はジョーカーなのですが、万人が見る映画チャンネルということもあって、

ランキングを一般的に親しみやすいものにしていると思うのです。

 

彼の良いところはどんな映画も楽しめる気質です。

監督や脚本のバックボーンに詳しいので、例え映画の内容が酷くても、

その他の知識量でカバーして総合的に楽しめてしまうのです。

彼が提唱してる酷い内容の映画というジャンル、「Z級映画」もこれがあるおかげ。

背景の絵や、主人公の衣装、乗っている車の美術にも知識があって、

映画の内容というよりも、別の視点で映画をおもしろく紹介できるのです。

 

彼自身が楽しめても万人受けしないだろうな、、、というところを第三者視点に立って見て、

ランキングを自分で修正している可能性を提唱します!!!

 

僕はホラー映画をたしなみますが、ランキング的に「ミッドサマー」もTOP5に入っていていいよなぁと感じました。

個人的にはジョーカーが素晴らしすぎて、他の作品は霞んで見えています。

でもあまりジョーカーの内容を職場で嬉々として話すのはどうかも思いますが。。。

 

彼はNETFLIXの脅威も語っていて、現時点で世界的にNETFLIXのビジネスモデルに対抗できる映画会社は無いそうです。

アマプラのオリジナルドラマも見ていて止まらなくなるシリーズがあります。

これも内容が過激すぎて、職場で嬉々として話していると、やばい奴扱いされるので危険ですが。。。

 

あとこれだけは言わしてくれ、、、ITそれが見えたら終わりの2作目は、個人的にはちょっと微妙だった!

ぞぞぞっていう怖さから、ジャンジャン怖いの出していこうぜ!って路線変更を感じました。

困ったらホラー映画!

ホラー映画もおもしろいよ!

ホラーホラー!

あっ今月ハロウィンですね。。。