お世話になっておりますメカニカルデザイン事業部の猪瀬と申します。

先日人生初めてのいきなりステーキを食す機会がありましたので、レポートしておきます。

 

 

場所はなぜか日曜の東京の店舗で食べたのですが、栃木と違って店舗面積の関係のため長蛇の列が。

昼時で30分並びました。

もちろんですがお客さん全員がステーキを食べていました。

それも軒並み「ランチのステーキ450gで、ライス大でお願いします!」と多くのお客さんがそれを注文されていました。

結構お子さんから御年配の方まで、マジで450g注文してまして、みんなすげー食うなぁと圧倒されていたわけです。

じゅ~~~わぁぁああ

じゅわわぁ~!

わたくしステーキ店自体に全然行ったことが無いので新鮮な感覚でございました。

ペラペラの肉ではなくて、厚みのある牛肉で焼き方はレア。

それをナイフで切ってガシガシ食べるスタイルですが、量があるし肉の厚みがあるのでなかなか顎の力が無く苦戦しました。

ずっといきなりステーキのWEBサイトの写真を見て「中央に乗っている生クリームみたいなのは何なの?」と思っていたのです。

 

端から食べ進めて遂に謎の生クリーム部分に到着しました。

やっとこの謎部分が味わえるぞ! どんな味なんだ!

全身からアドレナリンやエンドルフィンが爆噴しました。

なんとその味たるや「ごはんですよ。」でした。

いや~、やっと正体を突き止めました。生クリームの正体はごはんですよ。味でした。(猪瀬の味覚調べより)

大変おいしゅうございましたいきなりステーキですが、土日のランチ提供は一部の店舗のみですのであしからず。

栃木でも実施してくれたらいいのにね。

話はかわりまして。

弊社R&Dセンターで3Dプリンタ品を塗装するので、一部の窓を開けつつ換気をしていたのですが。

そこからふらっとカメムシ様がご来店されていたらしく。

弊社の開発フロアに侵入あそばされました。

ぶんぶんと天井の蛍光灯を行き来しておりまして、これでは気が散って仕事にならんと皆様気もそぞろ。

そこでファンテクの錦●圭ことH山さんが颯爽と名乗りをあげ、カメムシ様を回収。

袋の中にカメムシIN

 

as soon as やさしく窓から逃がして、、、否、カメムシ様はお帰りになっていきまして。

やさしきH山氏の背中

 

空に羽ばたくカメムシに遠い目の、、、H山氏

カメムシは独特なオイニーがするらしいのですが、パクチー臭が弊社フロアに蔓延しなくてよかったですね。

以上現場から!いきなりパクチーでした。

※一部フィクション含む

投稿者プロフィール

猪瀬メカニカルデザイン事業部