タイトルは加山雄三の往年の名曲から拝借しました。
海よ、俺の母よ~~~!!!!
こんにちは、ITSS事業部の豊田です。

ついに平成が終わり、令和に突入してしまいましたね。
平成と共に生まれ、平成と共に生きてきたアラサー世代としては、感慨深いものがあります。
面倒なことは全部平成に置き去りにして、令和をいい時代にしていきたいですね。

さて、そんな令和初日の5/1に、新しい時代を迎えたからには海に行きたいよね、ということで
茨城の阿字ヶ浦海岸に行ってきました。
別に新しい時代を迎えなくても海はいいものです。
栃木は海なし県なので海への憧れを過剰に抱いている自覚はありますが、
やはり海は母なのです。海、その愛、なのです。
大洗をはじめとする茨城の海は栃木県民の心の海である、とは誰が言った言葉だったか…
栃木に生まれた民が最初に見る海が茨城の海である確立はかなり高いと思うのです。
北関東三県で血で血を洗う争いを繰り広げながらも、栃木県民はやはりどこか、茨城県民に劣等感を感じている気がします(私調べ)
それはひとえに、栃木に海がないから…そしてそんな栃木県民を敵国ながらそっと迎え入れて海の愛を教えてくれるのが
大洗や日立のビーチなわけですね。
栃木県民の青春は茨城の海と共にある。
友達とご飯を食べて、そうだ、海にいこう!と急に思い立って車を走らせ、海を眺めながら何時間も語ったあの夜……
何度行ったか分からないアクアワールド大洗……サメの展示数が日本一……
そんな栃木県民の第二の故郷?までの道のりも高速道路の整備で随分身近になりました。

海---------!!!!!!!!

海よ~♪

俺の海よ~~~♪

大きな~♪

その愛よ~♪

潮風を浴びて波の音を聞いていると日常の煩わしいことや悩みが全てどうでもよくなります。
オフシーズンの海は本当に癒されるよね。
勿論海水浴も好きだけど、混むし……

将来的には犬を飼ってそこそこ海の近くに住み、海岸を散歩したい。
SUV的な車に犬を乗せて、海沿いの道をドライブしたい。
そんな妄想が膨らみます。

海で遊んだあとは、せっかく海の近くに来たんだからお魚を食べたい……ということで
ちゅう心さんで美味しい海鮮丼を食べました。
余談ですが栃木は寿司の消費量日本一らしいですよ。
冷蔵庫がなかった昔は海の魚といったらサメくらいしか食べられなかったらしいですから、
(身体にを多く含まれる尿素が時間経過でアンモニアに変化することで日持ちがしたため内陸まで持って来ることができたのがサメ、らしい)
文明の発展が栃木県民の海の幸への渇望を満たしてくれるようになって本当によかったです。

でもこの海鮮丼想像していたのと違う……めちゃくちゃインスタ映えする……

海鮮丼というか海鮮プレート的な……
海鮮丼でご飯の上にネタを乗せるとご飯の熱でぬるくなったりすることもあるし、合理的でお洒落でいいかも、と思いました。

食あたりを考慮し(過去ブログ参照)牡蠣は焼き牡蠣で!

海鮮グラタン!
サイドメニューもお洒落で美味しいです。

ちゅう心さんは大洗で有名なお店らしいです。
あんこう鍋がめちゃくちゃ美味しいらしいのであんこうの時期にまた行きたいです。

那珂湊おさかな市場で買ったでっかいはまぐりとホタテをお土産にして元気に帰宅。
お家に帰るまでが遠足です!

自宅に帰ってから早速買ってきたはまぐりの砂抜きを行ったのですが、なかなか砂を吐いてくれない。
完全に心、もとい殻を閉ざしている。
グーグル先生に聞くと、どうも砂抜きに使用する塩水の割合はかなりデリケートらしい。
水500ml:塩大匙1を厳守すれば大丈夫らしいです。
それから水を張る量も貝にギリギリで水がかかるくらい浅く張るのがいいらしいですよ。
しっかり軽量して塩水を作り直し再び砂抜きにトライしたらすぐにみんな砂を吐いてくれました。

上手に焼けました!!

アルミホイルに包むと汁がこぼれなくて美味しい!!
せっかく実家はド田舎なんだから今度は七輪を買って庭で焼きたいなと思いました。

令和もたくさん海に行きたいです。
よく考えたら今住んでいる神奈川県はめちゃくちゃ海あり県なんだから
神奈川の海にも行きたいなと思いました。
今年の暑気払いは海辺でやりたいな~

最後に、ブログ開設から毎月個人ブログを欠かさず書いているメカニカルデザイン事業部の猪瀬さんに最大の賛辞と敬意を表し、この記事を締めさせていただきます。
毎月書くと言ってから秒で三ヶ月分サボってしまった豊田から愛を込めて……