こんにちは。メカ事業部の高瀬です。
今回はかつて請負った仕事のなかで英語が話せずに苦労した話です。

今から1年3ヶ月ほど前にあるメーカーさんとロボット設計の仕事をさせて頂きました。
このメーカーさんはグローバルな会社で、設計担当のの方はプラジルとイタリアの方で
仕事上の会話はほとんどが英語という状況でした。
ほぼ英会話の出来ない自分としては、打合せに参加しても発言できないので、
メカ設計に関する専門用語とホワイトボードのポンチ絵を頼りに状況を把握する
のがやっとという感じでした。

仕事をした期間は4ヶ月ほどでしたが、そのなかで感じたのは使える英語は
常に聞いたり話したりしないと身に付かないなということでした。
会話をするには瞬間的に文章を口に出すことが出来なければならないし、
聞くにしても瞬間的に相手の言ったことを理解することが求められます。
こういうのは学校の勉強では身に付かないと痛感しました。

今後もグローバル化は進んでいくし、仕事の幅を広げる意味でも
英会話を習うことも考えようかなあと思うこの頃です。

投稿者プロフィール

高瀬雅之メカニカルデザイン事業部 部長