W杯の展望
こんにちは。メカ事業部高瀬です。
久々のブログなのでまじめな話にしようかと思いましたが、時期的には
W杯まで3週間を切ったということもあり、個人的展望を書こうかと思います。

普通に予想するとドイツ、ブラジル、スペイン、アルゼンチン辺りが
優勝候補って感じでしょうか。
どの国もスゴイメンバーですが、スペインがバランス良さそうかなと思います。
レアルとバルサのレギュラーメンバーがズラリと並んでいるし、ベテランと若手の
バランスも良いし優勝したとき(’10)より強いかも。(あくまで個人的見解)
今回は常連のイタリア、オランダが予選で敗退しているので、波乱も有り得るかも…。

個人的に面白そうと思っているのはフランスです。
去年のブログでも書きましたが、有望な若手がほんとに多いのがフランスの特徴。
波に乗ったらここが一番強いかもと思ってます。(崩れると脆い面も)

さて我らが日本代表ですが、このところのドタバタ劇は皆さん周知の通り。
この状況で結果を出せというのはかなり酷な気がします。
こうゆう時はリバプールサポが”You’ll never walk alone”を合唱するような
心構えで見てあげるようにしましょう。

以上超個人的W杯の展望でした。

 

投稿者プロフィール

高瀬雅之メカニカルデザイン事業部 部長